ネット受付はこちらから
TEL 082-922-3655

広島県広島市佐伯区五日市中央5-1-39

広島市,五日市,内科,胃カメラ,大腸ファイバー,内視鏡検査,水虫,AGA,生活習慣病,佐伯区

設備紹介

メタボ・高血圧・糖尿病など…気になる生活習慣病は、当院監修の生活習慣病専門サイト 「生活習慣病.jp」へ
MOBILE SITE 左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

診療設備

受付と待合室

患者様の病気の種類や治療内容、また検査により、二人体制(理事長外科・院長内科)のため、順番が多少前後することがありますので、ご了承ください。
なお、あまり遅くなった場合はお申し出ください。

その他、何かございましたら受付までお気軽にお申し付けください。

診察室

こちらで診察を受けていただきます。

リハビリ室

ベッド・リハビリ用寝台などが並べられています。室内は明るく、広々としています。

内視鏡検査室

こちらで内視鏡の検査を受けていただきます。


当院の内視鏡はハイビジョンである為、従来の内視鏡よりも映像が鮮明に映すことが出来ます。
鮮明な映像により、今まで発見しにくかった病変も発見しやすくなりました。

レントゲン室

こちらでレントゲン撮影を行います。

診療設備

ウォーターベッド

ウォーターベッドが新しくなりました。
温水ベッドで、水圧による全身マッサージをするものです。

骨密度測定装置

骨密度測定装置を導入しました。腰椎正面、大腿骨頚部の骨密度を測定しています。
(骨粗鬆症による骨折が生じる部位であり、その当該部位を測定することで、最も直接的に骨の状態を評価することができます)

半導体レーザー治療器を導入しました!

当院が導入したレーザー治療器です。

物理治療器の中でも レーザー治療器 は、その「有効性と安全性」が臨床試験により確認されています。痛みの無い非侵襲な治療法として注目されています。

半導体レーザー治療とは

レーザーの熱エネルギーにより組織を切開・凝固するレーザーメスなどとは逆に、生体組織に熱変性を与えないレベルのレーザー光を照射すると疼痛部位や神経に作用し抗炎症、疼痛伝達・興奮制御、血流改善をもたらす。半導体レーザー治療は、臨床試験により有効性と安全性が確認された治療法である。


使用目的、効能又は効果:筋肉・関節の慢性非感染性炎症による疼痛の緩解

低出力レーザー治療の特長

  • 痛みを伴わない、生体に対し刺激・熱を与えない非侵襲な治療方法
  • 治療が簡単で特別な手技不要
  • 治療時間が短い
  • 感染の危険性および合併症が少ない
  • 治療後すぐに帰宅できる
  • 鎮痛剤・消炎剤薬の減量投与が期待できる

低出力レーザー治療

レーザー治療器は、 数々の基礎研究により 「レーザーの光作用による疼痛緩解効果」 が確認されています。

半導体レーザー治療はなぜ効果があるのか(作用機序)

通常の痛み治療における物理療法は、物理エネルギーにより生体を刺激し、生体の持つ恒常性を助長するもので寒冷療法・温熱療法・極短波療法・電気療法などがある。
これに対し、レーザー治療は生体に熱や電気などの不快な刺激を与えない非侵襲な治療法である。
生体に対するレーザーの光作用は、様々な基礎研究により確認されている。主な作用は次の3種類である。

  • 知覚神経に対してのAδ、C神経線維(疼痛伝導線維)への疼痛伝達遮断作用。
  • 交感神経に対する興奮の制御作用。
  • 細動脈へのレーザー光照射による熱を伴わない血管拡張による長時間の末梢血流改善作用。
半導体レーザー治療器の作用機序
侵害刺激はAδ、Cなどの細い神経線維から脊髄後角部に伝えられ脊髄視床路を上行し脳に痛みとして認識される。交感神経は興奮し筋収縮・血管収縮を促し侵害刺激を受けた部分は低酸素状態となり発痛物質による痛みが引き続く。低出力レーザーの照射により痛みの悪循環経路が正常化して疼痛の緩解をもたらす。

レーザー治療 は、 痛みの無い非侵襲な治療法 として様々な疼痛治療の場で活用されています。

対象となる疾患は

以下のような痛みの治療に臨床応用されている。

  • 肩関節周囲炎、肩関節痛、腰痛症、変形性膝関節症、関節リウマチなどの関節痛
  • 頸肩腕症候群、肩部痛(緊張性疼痛)
  • バネ指、腱鞘炎、アキレス腱炎などの腱の炎症やテニス肘などのオーバーユースによる痛み
  • 帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛などの神経因性の疼痛

治療方法は

プローブの先端部を皮膚に接触するとレーザーを照射し、治療に特別の手技は必要としない。

圧痛点照射
:腰痛症や肩関節周囲炎などの圧痛点の明らかな症例に対し各圧痛点に5~30秒照射。
神経走行に照射
:帯状疱疹後神経痛などの神経因性疼痛の治療では罹患神経の走行に沿って照射。
星状神経節近傍照射
:ペインクリニック科で行う星状神経節ブロックに類似した効果をねらい、交感神経の興奮
制御を目的に星状神経節の近傍に3分間照射。
TOP